消費者金融のお世話になった

生活が苦しくなり

月の半ばになると生活が苦しくなり、消費者金融のお世話になった時があります。
友人の結婚式が重なるとひどく物入りになり、2次会3次会にも出席して、ますます生活は苦しくなってしまいました。
そんな時に目に付いたのが消費者金融の広告です。

 

 

 

 駅には消費者金融の広告が立ち並び、電車の広告にはよく債務整理専門の広告があり、少し気が引けましたが背に腹はかえられないので、健康保険証を持って無人契約機で借りることにしました。
入るまでが大変でしたが入ってみると物静かで機械的な雰囲気でした。
 自動契約機は画面のある機械で、操作パネルの案内に従い説明を良く聞いて、いろいろと案外自分が普段気にしていないことを携帯の情報から確認しながら、必要事項を記入したり健康保険証をスキャンしたり、電話案内を受けながら無事終了して10万円ほどお借りしました。

 

 

 

 借りてしまえば実に簡単なもので、消費者金融を利用することに多少の罪悪感がありましたが、財布の中に余裕があるのはありがたいことです。
その後は実にあっさりとした気持ちでした。
結果として毎月約2万円の支払いが増えましたが便利なものです。